メールマガジンに登録

画像編集が簡単にできるPhotoscapeの使い方

ネットビジネスを行っていく際、必ず必要なツールのひとつが『画像編集ソフト』。

画像編集ソフトといっても実に様々なものがありますが、日常的に使うツールなので
自分が最も使いやすい、サクサク作業の進むツールを使うことをオススメします。

今回はPhotoscapeについて使い方を解説していきたいと思います。

Photoscapeの基本操作4ポイントを解説

私はMacユーザーなので、主にMacで画像を編集していますが、職場ではWindowsのPhotoscapeを使う機会も多々あります。Photoscape上のタスクバーのなかで主に使うのは[写真編集]です。

ここから画面左側に小さく出ている[←]にカーソルを合わせるとパソコン内の画像データが出てきますのでここから編集したい画像を選択します。

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

1、サイズ変更

まず、最も使用頻度が高いといえる画像サイズの変更方法です。

編集画面にいくと画面右側に色々なツールが並びますので
[編集]>[サイズ変更]と進みましょう。

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

 

サイズ変更のタブに自由にサイズを入力して、[適用]をクリックすれば完了です。

 画像編集、簡単、Photoscape、使い方

 

Windowsの場合、[ホーム]>[リサイズ]で画像のサイズ変更が可能です。

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

 

2、外枠をつける

外枠をつける場合は[額縁]からお好きなタイプを選択し、色や太さなどを調節してみましょう。

 

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

 

Windowsの場合は[ホーム]>[No Frame]からフレームの種類を選択することができます。

 

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

 

3、文字を入れる

画像に記事タイトルなどを挿入してデザインしたい場合、
[挿入]>[テキスト]から画像上に文字を入れていきましょう!

フォントやサイズ、色、などの種類も非常に豊富で、
少し手を加えると外枠、影、光彩なども簡単につけることができます。

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

 

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

 

Windowsの場合には[オブジェクト]>[T]をクリックでテキストを挿入することができます。

 

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

 

4、モザイクをかける

最後はモザイク加工です。

基本的には上で紹介してきた3操作だけでも特に不便することはないですが、
大事なツールですので簡単に解説していきますね。

[挿入]>[フィルター]>[モザイク]とクリックすると、

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

このようにモザイクの挿入画面になりますので、
隠したい部分に合わせてサイズを変更することができます。

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

Windowsの場合は、[ツール]>[モザイク]と進むだけです^^

画像編集、簡単、Photoscape、使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください